開店祝いのお花におすすめのフラワーショップを紹介します

知り合いが店をオープンする時には色々な状況において開店祝いの花を贈るものですが、感覚としては儀礼的な意味合いが強くあるかと思われます。友人やお世話になった人であっても、多くの場合が形式上のものとなってしまい、相手を想ってのこだわりや気持ちを込めたことがない、そういう風に考えている人は多いでしょう。しかしながらフラワーショップによっては依頼人の気持ちを汲み取って、これからオープンする店に相応しい花を作ってくれるところもあります。こういった開店祝いは社交辞令だけではなく、その店にやってくるお客さまも目にするものです。それゆえ自分自身や店の名前を大きく出しているのですから、センスをさりげなく見せることによって、自分や営業している店のことをアピールすることもできます。

素材がしっかりとしているところを選ぶ

では開店祝いの花を購入するフラワーショップはどのようなところを選べばいいのか、まず気を付けたいのが取り扱っている花の状態です。当たり前ですが新鮮なものが良く、ただ開店中にある程度の日数を飾っておくことを考えて、見劣りしないように気遣ってくれるところを選んでください。花というのは切り取った時から少しずつ萎れていくもので、これは自然の摂理ですが、工夫によって長持ちさせることもできます。それゆえ新鮮で瑞々しい花を仕入れているところ、そして知識を持っているところが望ましくなってきます。開店祝いは自分自身や店の名前を出して飾ってもらうのですから、決して自意識過剰と思わず、不特定多数の人に見られていると考えるのがよく、そうするとフラワーショップの選び方も決まってきます。

好みに応じたアレンジメントをしてもらおう

そしてもう一つは技術の高いスタッフのいるフラワーショップを選ぶことで、開店祝いの花は基本的にオーソドックスなものですが、並べられると自然と眺める人は見比べるようになります。この時にセンスを見せる必要があって、名前や店名を出して飾ってもらうということは宣伝効果にもつながっていきます。そういったことからある程度のセンスは必要となってきて、依頼するデザイン、イメージなどを的確に表現できるだけの技術を持ったスタッフのいる店を選びたいものです。また予算に関しても同様で、注文する側の希望に寄り添ってくれるフラワーショップというのは信頼できるでしょう。ただ華美なだけではなく基本的な部分がしっかりとしている店、こういったところで選ぶと失敗することが少なくなります。

当社の強みは、大切な人に贈りたい花だからこそ、できるだけ新鮮で長持ちするように、産地直送の花を贈っていることです。 「当日お約束便」は、ご注文いただいてから、3時間以内にお花をお届けするサービスです。 イラスト付きでわかりやすく、お手入れのポイントをまとめていますので、普段あまりお花を触らない方にも安心してお花をプレゼントして頂けます。 開店祝いのお花ならリンクフローリスト