開店祝いに贈るお花を購入する時の注意点

開店祝いに送られる花と言うと、店の前に飾るスタンド花や、レジカウンターなどに飾るフラワーアレンジメントや、観葉植物などが有ります。相場はスタンド花一段が15,000円から、二段が20,000円から、フラワーアレンジメントが15,000円から、観葉植物が10,000円から位となっています。どのスタイルにするかと言うのは、個人の予算などもあるとは思いますが、敷地が十分に広い場合はスタンド花、そうでは無い場合はフラワーアレンジメントか、観葉植物を贈るようにします。実際に贈る場合の相場は、個人は10,000円位、法人は30,000円位迄で付き合いの度合いによって変わります。また贈る場合は個人も法人も共に必ず、お祝いの為の名前入りの札を付けるのを、忘れない様にして下さい。これは、お祝い花を贈る際の慣例です。また開店するお店の店主が、親しい友人などである場合は、メッセージカードを添えると喜ばれます。

開店祝いには、どんな花を選べば良いか

日本では慣例的に、開店や開業などのお祝いには、白い胡蝶蘭を贈ると言うのが、暗黙の了解の様になっています。理由としては華やかな事、数ヶ月咲き続けるので長く楽しめる事、花粉が落ち辛く匂いがない事、などが挙げられます。特に飲食関係やアパレル系の場合、花粉が落ち辛く匂いが無い事は、開店祝いに贈る花の必須条件となります。そういった面で、選ばれる事が多くなっている様です。しかし近頃では慣例に囚われる事なく、贈るお店の雰囲気に合わせた物を、送る事も多くなって来ています。依頼をする時にお店で相談すると、雰囲気に合ったアレンジメントで、スタンド花を作ってくれる様です。ただし飲食店とアパレル系の、必須条件は必ず守るようにして下さい。せっかく贈っても、飾れない物では意味が無くなってしまいます。

お祝い花を届けるのは何時が良い?

開店祝いのお祝いに花を贈る場合、先方に届ける目安は、開店の数日前から前日までになります。スタンド花やフラワーアレンジメントの場合、生花を使うので早く送り過ぎると、開店時に萎れてしまう可能性が有ります。観葉植物にしても早く届いていまうと、開店準備に忙しい時に、その植物の世話をしなくてはなりません。大切な時期に余計な手間をかけさせないのも、お祝いする気持ちとして大切です。またプレオープンなどで事前にお祝いがある場合は、その前日位に届けるのも良いでしょう。お祝いの席に華やかな花を届けるのは、喜ばれる事間違い無しです。いずれの場合も、開店時間ギリギリに送るのは迷惑になりますから、早めに着くように手配をしましょう。うっかりミスなどで間に合わなそうな場合も、開店日から2、3日の内であれば失礼には当たりません。しかし出来れば、開店前に届けるのがベターです。