開店祝いに贈るお花の選び方を紹介します

開店祝いに欠かさないアイテムの一つに花があります。無難でありながらも間違いのないアイテムでもあり、お祝いの気持ちを伝えることができるとともに花は自身の名前やお店のことをお客さんへのアピールにもつながります。開店祝い用の花にはスタンド花やカゴのアレンジメント、ブリザーブドフラワーなどさまざまな種類で利用されており、予算に合わせたり店舗の広さや立地などによってアレンジをして作ってもらうことができます。どのような形にして花を贈ったらいいのかというのは、事前にどのような店舗なのかも知った上で選ぶ必要があります。広い店舗であれば小ぶりなアレンジはさみしくなってしまうものであり、逆に小さな店舗に大きなアレンジを送ることは置き場所を取ってしまって営業の邪魔にもなってしまうからです。

見栄えもしてアピールにもつながるスタンド花

開店祝いとして定番でもあるスタンド花は、一段、もしくは二段のスタンドにオアシスと呼ばれる吸水スポンジに花をいけていくようにしてアレンジされたものです。スタンドは貸し出しとなるために後から生花店に回収してもらうことになるのですが、ボリューム感があり非常に見栄えがして店頭に飾るにも効果的です。店舗の外に飾ってもらうことによって、道行く人に新しく店舗がオープンしたことを一目でアピールすることができます。また、建物の構造によって店舗の前に飾ることができないという場合でも、店内入口に飾ってもらえば店内を一気に華やかにさせることができます。ただし、店舗によっては置くスペースがない可能性もあり、他の人からもスタンド花が届くこともあるので、店舗への事前確認が重要です。

開店祝いはカゴのアレンジメントでも

開店祝いでは、カゴのアレンジメントも多く利用されています。スタンド花となれば予算的にそれなりの金額になってしまいますが、ちょっとした気持ちとして開店祝いを贈りたいという時にもカゴのアレンジメントなら手頃な予算から作ってもらうことができます。花束では、相手に花瓶を用意してもらう必要があったり、水を取り替えて世話をしてもらわなければならないなど開店したてで忙しい時期のギフトとしては合わないものですが、カゴのアレンジメントならオアシスが水を吸収してくれるので水を足すだけの手入れの手軽さから相手にも迷惑をかけない花の送り方です。届いたらそのまま飾ってもらえるだけの手軽さがあり、棚の上に置いてもらう他にも置く場所がなければ床に並べてもらうこともできます。